プレートについて

Ⅴ GYMWAYバンパープレートの特徴

GYMWAY00


当店ではオープン当初より「これまで日本国内には無かったような、お求めやすく高品質なバンパープレートを販売できないか」と考えておりました。
そこでアジアメーカーの製品を調査した結果、台湾のバーベルメーカー「GYMWAY社」のバンパープレートがリーズナブルで、更に重量誤差が少なく薄型と、求めていたスペックの製品である事がわかりました。
当店はGYMWAY社と直接交渉し大規模に買い付けた商品を、可能な限り輸送・中間コストを抑え、オンラインショップで直売する事により、競技練習にも使用可能な高精度バンパープレートとしては破格の低価格を実現しました。


【GYMWAY社とは】

公式ホームページ

GYMWAY社は創業1981年の台湾大手バーベル製造会社で、中国・台湾のバーベル製造会社では数少ない自社ブランドの製品を製造販売しています。
有名フリーウェイト器具メーカーへのOEM供給や、積極的に新製品の開発、展示会への出店も行っており、今後注目のバーベルメーカーです。


【台湾製バンパープレートの品質】

現在北米や欧州のメーカーを中心に様々な製品が販売されているバンパープレートですが、自国の自社工場で製造しているメーカーは極めて少なく、高価な競技用から安価な家庭用までその殆どが中国や台湾のサプライヤーに製造を委託したものです。

つまりバンパープレートに関しては世界のあらゆるメーカーの高級品から安物まで殆どが中国・台湾製というのが実態です、そのため当然「台湾製=低品質」という事はありません。

GYMWAY社のバンパープレートについてはMBC POWERジムでも競技練習に使用しておりますが、質感や精度は北米や欧米有名メーカーの製品と比べても決して劣らない水準にあると感じます。


【GYMWAY社製バンパープレートのスペック】

トレーニングバンパープレート
GYMWAY04
・オリンピックシャフト用 
・ラバーコーティング 
・5000回の落下試験をクリア
・ラバー部分の素材:ヴァージンラバーと合成ラバーの混合 
・ラバー部分のカラー:マットブラック 
・プレートの直径:450 mm 
・重量誤差±50g以内 
・センターハブに特許デザインのワンピースソリッドスチールを使用
・高重量トレーニングにも使用しやすい薄型バンパープレート
・Made In TAIWAN
・厚み 25kg:57.5mm 20kg:47.4mm 15kg:39.2mm 10kg:32.4mm 


コンペティションバンパープレート
GYMWAY05
・オリンピックシャフト用 
・ラバーコーティング 
・30000回の落下試験をクリア
・センターハブの素材:ソリッドスチール
・センターハブの表面処理:クロムメッキ
・ラバー部分の素材:ピュアヴァージンラバー
・プレートの直径:450 mm 
・重量誤差±5g以内 
・IWF(国際ウェイトリフティング連盟)規格仕様
・高重量トレーニングにも使用しやすい薄型バンパープレート
・Made In TAIWAN
・厚み 25kg:57.5mm 20kg:47.4mm 15kg:39.2mm 10kg:32.4mm 5kg:23.1mm


【GYMWAY社バンパープレートの特徴】

※高重量トレーニングにも使いやすい薄型バンパープレート
(トレーニングバンパープレート、コンペティションバンパープレート共通)
バンパープレートをスクワットやデッドリフトのような高重量を扱う種目で使用する際、200kg以上になってくると厚みからくるシャフトの撓りの影響が大きくなり、300kg前後ではフルスタックとなりプレートがそれ以上装着出来なくなるという問題が出てきます。
クイックリフトやウェイトリフティング練習はともかく、200kgオーバーでのBIG3のようなトレーニングで使用する場合は薄いバンパープレートの方が使いやすいと言えます。
GYMWAY社のバンパープレートは薄型に作られており、クイックリフトと高重量でのBIG3、どちらにもバランスよく使いやすいのが特徴です。


薄型のGYMWAYトレーニングバンパープレート20kgと、バンパープレートとして標準的な厚みのROGUEコンペティションバンパープレート20kgの比較。
GYMWAY27


※特許デザインのワンピースソリッドスチール
(トレーニングバンパープレート)
GYMWAYトレーニングバンパープレートには高精度で堅牢な一体成型スチールコアが使用されています。
本格的なスチールコアを備えたバンパープレートは厚みが抑えられる為使いやすく、長年の使用により穴の周囲のゴムが傷んでボロボロになる事もありません。
GYMWAY01

GYMWAY02


※ボルトレスコア
(コンペティションバンパープレート)
コンペティションタイプのバンパープレートは、一般的にスチールコアの片面に重量較正用のボルトが装着されておりますが、GYMWAYコンペティションバンパープレートにはこのボルトがありません。
これは特許技術によりボルトを使わずコア内部で重量較正を行っているもので、これにより見た目が美しく、長年の使用によりボルトが外れるトラブルも防ぐことが出来ます。


写真左 ROGUEコンペティションバンパープレート
写真右 GYMWAYコンペティションバンパープレート
GYMWAY24


【写真】

トレーニングバンパープレート
GYMWAY22

GYMWAY23

ROGUEトレーニングバンパープレートとの比較
GYMWAY03


コンペティションバンパープレート
GYMWAY19

GYMWAY20

GYMWAY21

コメント

Down Arrow コメントをする
Ⅴ GYMWAYバンパープレートの特徴

>ゴリケル様
コメントありがとうございます、返信遅れ申し訳ありません。
GYMWAYのトレーニングバンパープレートに重量較正用のボルトは付いておりません。
コンペティションタイプと比べても重量誤差・耐久性以外に大きな差は無いと感じます。

コストパフォーマンが良いのはやはりトレーニングバンパープレートで、コンペティションタイプはウェイトリフティングの競技練習といった極限の重量精度と耐久性が求められる用途向けではないでしょうか。

  • MBC POWER SHOP神野
  • 2018.01.12
  • 11:21
Ⅴ GYMWAYバンパープレートの特徴

トレーニングバンパープレートには重量較正用ボルトは付いているのでしょうか?また、コンベティションと比較して重量誤差・耐久性 これら以外での違いはありますか?


余談では有りますが、IVANKOのカラーラバープレートを持っています。肌触りやラバープレートの質感は、黒色のトレーニング用ラバープレートが優れているように思えます。と言いますのも、カラーラバープレートの方は、ラバーの部分に亀裂が入ってしまったり、掛けてしまったりしている事が多いです。一方、黒色のトレーニング用プレートではそのような現象が全く見受けられません。


重量較正用のボルトが無いのなら、価格の面から見てもトレーニング用バンパープレートが優れている様に思えるのですが、MBC POWER SHOP さんのご意見をお聞かせ願えないでしょうか。

  • ゴリケル
  • 2017.12.23
  • 09:29

コメントする

名前

URL

コメント

送料の確認

画像をクリックして下さい。送料をご確認頂けます。
soryo09

オリンピックシャフトについて

プレートについて

カラー、ジャッキ、その他について

ホームジムについて

スリングショット社商品について

カスタマーサービス

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • フリーウェイト器具発送業務休み

営業時間は月曜~土曜の11:00~22:00です。

オンラインショップからのご注文は毎日24時間受け付けております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

℡0562-57-0489

店長日記

こんにちは、店長の神野と申します!
MBC POWER ショップでは海外メーカーのトレーニング器具やフィットネス用品を中心にお求めやすい価格で取り扱っていきたいと考えております。
何卒よろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ