オリンピックシャフトについて

Ⅰ 各種オリンピックシャフトの違い、使用用途に合ったシャフトの選び方について

各種オリンピックシャフトの違い

オリンピックシャフトには下記のような様々な種類の物があり、それぞれの用途に合わせた特性を持っています。


・パワーリフティング用シャフト

高重量でBIG3を行うパワーリフティング競技での使用を目的に作られたシャフト。
シャフト部分の直径が太く、しなりが少なく、ローレットが強いのが特徴です。
シャフト部分の表面処理はロウスチール(表面処理無しの鋼鉄)、ステンレス、亜鉛メッキ、ブラックオキサイド等様々なものが販売されています。
回転部分の機構は耐久性が高く回り過ぎないブロンズブッシングが一般的です。

・長さ 2200mm
・シャフト部分の直径 28mm~29mm(主流は29mm)
・重量 20kg
・しなり 少ない
・ローレットの強さ 強い
・センターローレット 有り
・シャフト部分の表面処理 ロウスチール、ステンレス、亜鉛メッキ、ブラックオキサイド等
・グリップマーク パワーリフティング(中心より40.5cm)
・回転部分の機構 主にブロンズブッシング(高耐久で回り過ぎない)
・公認団体 IPF(国際パワーリフティング連盟)
・価格 普通~高価

該当商品


ウェイトリフティング用シャフト

ウェイトリフティング競技や、クイックリフトでの使用を目的に作られたシャフト。
パワーリフティング用と比較するとシャフト部分が細く、非常によくしなり、ローレットはマイルドになります。
競技用であればシャフト部分の表面処理にはクロムメッキ、回転部分の機構は回転抵抗の少ないニードルベアリングが使用されますが、練習用の製品は安価な表面処理やブッシングが使用されているものもあります。

・長さ 2200mm
・シャフト部分の直径 28mm
・重量 20kg
・しなり 大きい
・ローレットの強さ 普通
・センターローレット 有り
・シャフト部分の表面処理 クロムメッキ等
・グリップマーク ウェイトリフティング(中心より45.5cm)
・回転部分の機構 主にニードルベアリング(回転抵抗が少なくよく回る)
・公認団体 IWF(国際ウェイトリフティング連盟)
・価格 普通~高価

該当商品


多目的シャフト

パワーリフティング用とウェイトリフティング用の中間的な特性で作られ、どちらの用途にもある程度使用できるようにしたシャフト。
様々な種目を行うクロスフィット競技に向いています。
パワーリフティング競技用シャフトとされている物でも、直径が28mmや28.5mmの物はピュアな競技用ではなく、実質多目的シャフトと言っていいでしょう。

・長さ 2200mm
・シャフト部分の直径 28mm~29mm(使い勝手の良い28.5mmが主流)
・重量 20kg
・しなり パワーリフティング用とウェイトリフティング用の中間的なしなり
・ローレットの強さ 普通
・センターローレット 無いものが主流
・シャフト部分の表面処理 クロムメッキ、ロウスチール、亜鉛メッキ、セラミックコーティング、ブラックオキサイド等
・グリップマーク パワーリフティングとウェイリフティングの二重マークが主流
・回転部分の機構 ブッシングが主流
・公認団体 無し
・価格 安価~普通



女性用ウェイトリフティング競技用シャフト

直径25mm重量15kgと細く軽いシャフト、ウェイトリフティング競技の女子選手が使用します。

・長さ 2010mm
・シャフト部分の直径 25mm
・重量 15kg
・しなり 大きい
・ローレットの強さ 普通
・センターローレット 有り
・シャフト部分の表面処理 クロムメッキ等
・グリップマーク ウェイトリフティング
・回転部分の機構 主にニードルベアリング(よく回る)
・公認団体 IWF(国際ウェイトリフティング連盟)
・価格 普通~高価

現在該当商品無し


デッドリフト用シャフト

細くよくしなるシャフト、しなる分挙上距離が短くなり細いとグリップも外れにくいのでデッドリフトで高重量を引く事ができます。

・長さ 2300mm等(長い)
・シャフト部分の直径 27mm等(やや細い)
・重量 20kg
・しなり 大きい
・ローレットの強さ 強い
・センターローレット 無し
・シャフト部分の表面処理 ロウスチール、亜鉛メッキ、ブラックオキサイド等
・グリップマーク パワーリフティング
・回転部分の機構 ブッシング
・公認団体 無し
・価格 普通

現在該当商品無し


スクワット用シャフト

高重量のスクワットを行う為に作られた頑丈なシャフト、一般的なオリンピックシャフトと比べ重い物や太い物があります。

現在該当商品無し


テクニカルシャフト

初心者や子供向けの軽量なシャフト、アルミや木で作られています。

現在該当商品無し


パラリンピックパワーリフティング用シャフト

パラパワー専用に作られたシャフト、直径や硬さはパワーリフティング用に、表面処理やベアリングはウェイトリフティング用に近くなっています。

現在該当商品無し




オリンピックシャフトの選び方

上記のようにオリンピックシャフトには様々な種類がありますが、特殊な用途に使用するのでなければ基本的には「多目的シャフト」「パワーリフティング用シャフト」「ウェイトリフティング用シャフト」の三種類から実施種目や予算に合わせて選ぶ事となります
下の図は当店で取り扱いするオリンピックシャフトを用途と予算で分類したものです、シャフトを選ぶ際のご参考になれば幸いです。
各種オリンピックシャフトの特性や選び方について質問事項ございましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡下さい、可能な限りご相談に乗らせて頂きます。

barbellchart3

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送業務休み

営業時間は月曜~土曜の11:00~22:00です。

オンラインショップからのご注文は毎日24時間受け付けております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

℡0562-57-0489

店長日記

こんにちは、店長の神野と申します!
MBC POWER ショップでは海外メーカーのトレーニング器具やフィットネス用品を中心にお求めやすい価格で取り扱っていきたいと考えております。
何卒よろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ