• banner01
  • banner46
 

カスタマーサービス

アウトレット品販売

アウトレット品販売

MBCジムではフリーウェイト器具のアウトレット販売を行っております、ご興味のある方は下記URLお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

contact_01

アウトレット品販売について、

1)
アウトレット品販売は
『愛知県豊明市のMBCジムのでのお渡し』
『現金もしくは銀行振込前払いでの決済』
『返品、交換不可』
となります。

2)
お取り置きはできません。ジムにお越し頂いた方に先着順での販売となります。

3)
B級品や中古品についてはご来館頂いた際に製品の状態を詳細にお伝えいたします。

4)
価格はオンラインショップの税込み送料込み価格から、下記の割合での割引販売となります。

展示品(新品or新品に近い状態) 30%オフ
試作品(新品or新品に近い状態) 30%オフ
返品商品(新品or新品に近い状態) 30%オフ
B級品(新品に近い状態で実用上・安全上の問題の無い物) 50%~オフ
MBCジムで使用した中古品、その他 50%~オフ

※B級品、中古品は状態によって割引率を大きくしています。


現在のアウトレット品(2022年5月11日)


展示品(新品or新品に近い状態) 30%オフ

MBCコンペティションフラットベンチ ブラックフレーム 30%オフ
MBCコンペティションフラットベンチ シルバーグレーフレーム 30%オフ

試作品(新品or新品に近い状態) 30%オフ

MBCナロープラットフォームフレーム(国産試作品) 30%オフ
MBCオリジナルラック ウィングプレートストレージ / ホリゾンタルプレートストレージ×2 30%オフ
MBCナロープラットフォームフレーム(フレーム角50mm試作品) 50%オフ

B級品(新品に近い状態で実用上・安全上の問題の無い物) 50%~オフ

MBCジムで使用した中古品、その他 50%~%オフ

GYMWAY(ジムウェイ)セラコートウェイトリフティング コンペティションバー 70%オフ
GYMWAY(ジムウェイ)ウェイトリフティング コンペティションバー 70%オフ



  • 2022.05.11
  • 15:47

フリーウェイト器具国内在庫100トン体制

MBC POWERでは2017年のオープン以来、フリーウェイト器具のラインナップ拡充と在庫量の強化を優先課題として進めてまいりました。
2022年現在、約100トンの即納在庫を確保しております。

これまで日本では、ジムの開業や本格的なホームジムを作る為に大量のフリーウェイト器具が必要となった時、各販売業者のラインナップが少なかったり数ヶ月の納期があったりといった理由により思うように必要な器具を揃える事ができませんでした。
私(店長神野)がこのショップを立ち上げたのも、2017年にパワーリフティングジムをオープンするにあたって、日本では業務用・競技用グレードのフリーウェイト器具を安価に大規模に販売するショップが無く、必要な器具を揃えるのが難しいと感じた事がきっかけでした。

MBC POWERは日本国内の業務用・競技用グレードフリーウェイト器具BtoC販売の先駆けとして、日本随一の豊富なラインナップと在庫量でお客様のニーズにお応えしてまいります。

banner45

これまで、本格的なラックやバーベルといった商品はご注文を受けてから製造や輸入を行う業者が主流であった為、当店も『注文後、納期はどれくらいか』というご質問を受ける事が多いのですが、当店のオンラインショップで在庫あり(○もしくは△)と表示された商品は基本的に国内倉庫に在庫があり1~2週間以内の納品が可能です。
※一部の予約販売商品及び他社の販売店での取り扱いとなる商品は納期にお時間頂くケースがございます。

  • 2022.01.13
  • 19:29

MBCパワーラック スタンダード210cm、MBCハーフラック スタンダード210cm タイプ2 組立方法

組み立ての際のご注意

※ラックは安全の為に必ず二人以上で組み立てを行って下さい。

※組立時、フレームの中より鉄の砂が出てくる事がございます。これは塗装前の下処理の際に使用する粒子がフレームの穴から入った物で、使用上の危険性等はございません。フレーム内に鉄砂が残っていた場合は組立前にフレームの穴から排出してやって下さい。


※ラックには紙の組立説明書が付属しております。

※ボルトは仮締めの状態で組み、全て組み上がった後に本締めを行って下さい。そうする事によって土台の形に合わせた形状で組み上げる事が出来ます。各パーツのボルトを最初から本締めで組んでいった場合、完成後ラックと土台の形状が合わずがガタツキが生じる事がございます。ガタツキが生じた場合は一度全てのボルトを緩めてから再度締め直して下さい。

※本締めを行う際、ボルトを強く締めすぎるとフレームに変形が生じる事がございます。ボルトはフレームが変形するほど強く締めないようお気をつけ下さい。(フレームに直接装着する部分のボルト・ナットの締め付けは、フレームが1-2mmたわむ程度までにとどめて下さい。多少たわむ程度であれば、ボルトを緩めると金属の弾性で自然と元に戻ります。)
特に下の画像の赤丸の位置、支柱最上部末端に装着するボルトは強く締めすぎると支柱の端が変形する可能性がございますのでお気をつけ下さい。MBCオリジナルラックは緩み止めナットが使用されておりますので、支柱が変形する程の力でボルトを締め付ける必要はございません。
MBCHRKUMITATE28

MBCオリジナルラックの組立に必要な工具
ラックは全高によって組み立てに必要な工具が異なります。全高毎の必要工具は下記ご参照下さい。

※全高180cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア

※全高210cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※全高235cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※ストラップセーフティの取り付けに必要な工具
6mmの六角レンチ 1ペア

工具はお客様ご自身にてご用意下さい。


組み立ての流れ

MBCオリジナルラックの組み立ては基本的に全て、

両サイド部分の組み立て
組み立てた両サイドの連結
J-カップ、セーフティの装着

という流れになります。


組立工程1、サイド部分の組み立て
MBCPRKUMITATE17

①まずサイド部分の下部から組み立てます。
MBCPRKUMITATE01

この部分のみ細いボルトを使用します、下から挿して支柱と土台を固定して下さい。この部分だけは組み立て後に本締めが出来ない為、この時点でしっかり締め込んで下さい。
MBCPRKUMITATE02

MBCPRKUMITATE03

MBCPRKUMITATE04

②次に、サイド部分の上部を組み立てます。
MBCPRKUMITATE05

ここから先の工程では全て太い方のボルトを使用して組み立てていきます。
MBCPRKUMITATE06


組立工程2、両サイドの連結と三角プレートの取り付け、各種パーツの取り付け
MBCPRKUMITATE18
MBCPRKUMITATE19

③組み立てた両サイドを直立させ、チンニングバーと横柱で上部を連結します。この際、必ず丈夫な脚立もしくは足台を使用し、複数人で作業を行って下さい。ネームプレートを取り付ける場合は、この段階でボルト固定して下さい。
MBCPRKUMITATE07

MBCPRKUMITATE08

④4本の支柱全ての下部に三角プレートを取り付けます。
MBCPRKUMITATE09

MBCPRKUMITATE10

MBCPRKUMITATE11

⑤6mmの六角レンチ2本を使用しストラップセーフティを組み付けます。
MBCPRKUMITATE12

MBCPRKUMITATE13

MBCPRKUMITATE14

⑤サンドイッチJ-カップを取り付けて完成です。
MBCPR18

MBCスクワットスタンド スタンダード180cm 組立方法

組み立ての際のご注意

※ラックは安全の為に必ず二人以上で組み立てを行って下さい。

※組立時、フレームの中より鉄の砂が出てくる事がございます。これは塗装前の下処理の際に使用する粒子がフレームの穴から入った物で、使用上の危険性等はございません。フレーム内に鉄砂が残っていた場合は組立前にフレームの穴から排出してやって下さい。


※ラックには紙の組立説明書が付属しております。

※ボルトは仮締めの状態で組み、全て組み上がった後に本締めを行って下さい。そうする事によって土台の形に合わせた形状で組み上げる事が出来ます。各パーツのボルトを最初から本締めで組んでいった場合、完成後ラックと土台の形状が合わずがガタツキが生じる事がございます。ガタツキが生じた場合は一度全てのボルトを緩めてから再度締め直して下さい。

※本締めを行う際、ボルトを強く締めすぎるとフレームに変形が生じる事がございます。ボルトはフレームが変形するほど強く締めないようお気をつけ下さい。(フレームに直接装着する部分のボルト・ナットの締め付けは、フレームが1-2mmたわむ程度までにとどめて下さい。多少たわむ程度であれば、ボルトを緩めると金属の弾性で自然と元に戻ります。)
特に下の画像の赤丸の位置、支柱最上部末端に装着するボルトは強く締めすぎると支柱の端が変形する可能性がございますのでお気をつけ下さい。MBCオリジナルラックは緩み止めナットが使用されておりますので、支柱が変形する程の力でボルトを締め付ける必要はございません。
MBCHRKUMITATE28

MBCオリジナルラックの組立に必要な工具
ラックは全高によって組み立てに必要な工具が異なります。全高毎の必要工具は下記ご参照下さい。

※全高180cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア

※全高210cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※全高235cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※ストラップセーフティの取り付けに必要な工具
6mmの六角レンチ 1ペア

工具はお客様ご自身にてご用意下さい。


組み立ての流れ

MBCオリジナルラックの組み立ては基本的に全て、

両サイド部分の組み立て
組み立てた両サイドの連結
J-カップ、セーフティの装着

という流れになります。


組立工程
MBCSS180KUMITATE01

①まずサイド部分の下部から組み立てます。
MBCSS180KUMITATE04

この部分のみ細いボルトを使用します、下から挿して支柱と土台を固定して下さい。この部分だけは組み立て後に本締めが出来ない為、この時点でしっかり締め込んで下さい。
MBCSS180KUMITATE05

MBCSS180KUMITATE06

②次に、組み立てた両サイドを直立させ、下部を連結します。ネームプレートを取り付ける場合は、この段階でボルト固定して下さい。
MBCSS180KUMITATE08

MBCSS180KUMITATE09


③支柱に三角プレートを取り付けます。
MBCSS180KUMITATE10

MBCSS180KUMITATE11

MBCSS180KUMITATE12



④サンドイッチJ-カップ、セーフティを取り付けて完成です。
MBCSS023

MBCスクワットスタンド スタンダード210cm 組立方法

組み立ての際のご注意

※ラックは安全の為に必ず二人以上で組み立てを行って下さい。

※組立時、フレームの中より鉄の砂が出てくる事がございます。これは塗装前の下処理の際に使用する粒子がフレームの穴から入った物で、使用上の危険性等はございません。フレーム内に鉄砂が残っていた場合は組立前にフレームの穴から排出してやって下さい。


※ラックには紙の組立説明書が付属しております。

※ボルトは仮締めの状態で組み、全て組み上がった後に本締めを行って下さい。そうする事によって土台の形に合わせた形状で組み上げる事が出来ます。各パーツのボルトを最初から本締めで組んでいった場合、完成後ラックと土台の形状が合わずがガタツキが生じる事がございます。ガタツキが生じた場合は一度全てのボルトを緩めてから再度締め直して下さい。

※本締めを行う際、ボルトを強く締めすぎるとフレームに変形が生じる事がございます。ボルトはフレームが変形するほど強く締めないようお気をつけ下さい。(フレームに直接装着する部分のボルト・ナットの締め付けは、フレームが1-2mmたわむ程度までにとどめて下さい。多少たわむ程度であれば、ボルトを緩めると金属の弾性で自然と元に戻ります。)
特に下の画像の赤丸の位置、支柱最上部末端に装着するボルトは強く締めすぎると支柱の端が変形する可能性がございますのでお気をつけ下さい。MBCオリジナルラックは緩み止めナットが使用されておりますので、支柱が変形する程の力でボルトを締め付ける必要はございません。
MBCHRKUMITATE28

MBCオリジナルラックの組立に必要な工具
ラックは全高によって組み立てに必要な工具が異なります。全高毎の必要工具は下記ご参照下さい。

※全高180cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア

※全高210cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※全高235cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※ストラップセーフティの取り付けに必要な工具
6mmの六角レンチ 1ペア

工具はお客様ご自身にてご用意下さい。


組み立ての流れ

MBCオリジナルラックの組み立ては基本的に全て、

両サイド部分の組み立て
組み立てた両サイドの連結
J-カップ、セーフティの装着

という流れになります。


組立工程
MBCSS210KUMITATE01

①まずサイド部分の下部から組み立てます。
MBCSS210KUMITATE02

148cmの土台には前後があり、少し長い方がラックの後ろ側になります。前後を間違えないようお気をつけ下さい。(135cmの土台に前後はありません。
)
MBCSS210KUMITATE13

MBCSS210KUMITATE14

この部分のみ細いボルトを使用します、下から挿して支柱と土台を固定して下さい。この部分だけは組み立て後に本締めが出来ない為、この時点でしっかり締め込んで下さい。
MBCSS210KUMITATE03

MBCSS210KUMITATE04

MBCSS210KUMITATE05

②次に、組み立てた両サイドを直立させ、チンニングバーで上部を連結します。この際、必ず丈夫な脚立もしくは足台を使用し、複数人で作業を行って下さい。ネームプレートを取り付ける場合は、この段階でボルト固定して下さい。
MBCSS210KUMITATE06

③下部を連結します。
MBCSS210KUMITATE07

④支柱に三角プレートを取り付けます。
MBCSS210KUMITATE08

MBCSS210KUMITATE09

MBCSS210KUMITATE10

MBCSS210KUMITATE11

⑤サンドイッチJ-カップ、セーフティを取り付けて完成です。
MBCSS210KUMITATE12

MBCハーフラック スタンダード210cm タイプ1 組立方法

組み立ての際のご注意

※ラックは安全の為に必ず二人以上で組み立てを行って下さい。

※組立時、フレームの中より鉄の砂が出てくる事がございます。これは塗装前の下処理の際に使用する粒子がフレームの穴から入った物で、使用上の危険性等はございません。フレーム内に鉄砂が残っていた場合は組立前にフレームの穴から排出してやって下さい。


※ラックには紙の組立説明書が付属しております。

※ボルトは仮締めの状態で組み、全て組み上がった後に本締めを行って下さい。そうする事によって土台の形に合わせた形状で組み上げる事が出来ます。各パーツのボルトを最初から本締めで組んでいった場合、完成後ラックと土台の形状が合わずがガタツキが生じる事がございます。ガタツキが生じた場合は一度全てのボルトを緩めてから再度締め直して下さい。

※本締めを行う際、ボルトを強く締めすぎるとフレームに変形が生じる事がございます。ボルトはフレームが変形するほど強く締めないようお気をつけ下さい。(フレームに直接装着する部分のボルト・ナットの締め付けは、フレームが1-2mmたわむ程度までにとどめて下さい。多少たわむ程度であれば、ボルトを緩めると金属の弾性で自然と元に戻ります。)
特に下の画像の赤丸の位置、支柱最上部末端に装着するボルトは強く締めすぎると支柱の端が変形する可能性がございますのでお気をつけ下さい。MBCオリジナルラックは緩み止めナットが使用されておりますので、支柱が変形する程の力でボルトを締め付ける必要はございません。
MBCHRKUMITATE28

MBCオリジナルラックの組立に必要な工具
ラックは全高によって組み立てに必要な工具が異なります。全高毎の必要工具は下記ご参照下さい。

※全高180cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア

※全高210cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・19mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※全高235cmラックの組み立てに必要な工具
・30mmのレンチもしくはスパナ 1ペア
・脚立(もしくは大型の足台) 1台

※ストラップセーフティの取り付けに必要な工具
6mmの六角レンチ 1ペア

工具はお客様ご自身にてご用意下さい。


組み立ての流れ
MBCオリジナルラックの組み立ては基本的に全て、

両サイド部分の組み立て

組み立てた両サイドの連結

J-カップ、セーフティの装着

という流れになります。


組立工程1、サイド部分の組み立て
MBCHRKUMITATE26

①まずサイド部分の下部から組み立てます。
MBCHRKUMITATE01

ハーフラックの土台には前後があり、少し長い方がラックの後ろ側になります。前後を間違えないようお気をつけ下さい。
MBCHRKUMITATE29

この部分のみ細いボルトを使用します、下から挿して支柱と土台を固定して下さい。この部分だけは組み立て後に本締めが出来ない為、この時点でしっかり締め込んで下さい。
MBCHRKUMITATE02

MBCHRKUMITATE03

MBCHRKUMITATE04

②次に、サイド部分の上部を組み立てます。ネームプレートを取り付ける場合は、この段階でボルト固定して下さい。
MBCHRKUMITATE05

ここから先の工程では全て太い方のボルトを使用して組み立てていきます。
MBCHRKUMITATE06.


組立工程2、両サイドの連結と三角プレートの取り付け、各種パーツの取り付け
MBCHRKUMITATE27

③組み立てた両サイドを直立させ、チンニングバーで上部を連結します。この際、必ず丈夫な脚立もしくは足台を使用し、複数人で作業を行って下さい。(最新バージョンのハーフラックはチンニングバーの形状が写真と違っております。)
MBCHRKUMITATE07

MBCHRKUMITATE08

④下部を連結し、奥の支柱の三角プレートを取り付けます。
MBCHRKUMITATE09

MBCHRKUMITATE10

MBCHRKUMITATE11

MBCHRKUMITATE12

⑤中央の支柱の三角プレートを取り付けます。
MBCHRKUMITATE13

MBCHRKUMITATE14

MBCHRKUMITATE15

⑥サンドイッチJ-カップ、セーフティを取り付けて完成です。
MBCHR32

MBCオリジナルラック ラットプルダウン/ローロウアタッチメント組立方法

MBCオリジナルラック ラットプルダウン/ローロウアタッチメント組立方法



1,ラックの準備

ラットプルダウン/ローロウアタッチメントを設置するには、ラックに『110cmトップクロスメンバー(もしくはロゴプレートクロスメンバー)』と『110cmボトムクロスメンバー』の両方が設置されている必要があります。


110cmボトムクロスメンバー装着時のご注意
MBCハーフラック スタンダード210cm タイプ1.5
MBCハーフラック スタンダード210cm タイプ2
MBCパワーラック スタンダード210cm タイプ1
MBCパワーラック スタンダード210cm タイプ2
MBCパワーラック スタンダード210cm タイプ4
以上のラックは110cmボトムクロスメンバーを追加します、110cmボトムクロスメンバーを追加する際は必ず下の写真のように内側の三角プレートを外して下さい。
(MBCパワーラック スタンダード210cm タイプ3は付属のボトムクロスメンバーを支柱下部の位置に移動させて下さい。)
MRLPDLR_KUMITATE_26


2,土台・支柱・ガイドロッド部分の組み立て、ラックへの接続
MRLPDLR_KUMITATE_21


1,まず、支柱を土台にボルトで接続します。
MRLPDLR_KUMITATE_02

MRLPDLR_KUMITATE_03


2,次に、ガイドロッドを土台に接続します。この際に、接続用のボルトは工具を使用せず、指で強く締めて下さい。
この工程は2人で作業します、一人がガイドロッドを持ち、もう一人がボルトを締めて固定します。
MRLPDLR_KUMITATE_04

MRLPDLR_KUMITATE_05


3,支柱とガイドロッドを設置した土台を立てて、ラックの110cmボトムクロスメンバーにボルトで接続します。
この際に、ボルトを装着した穴が左右にズレていない事と、ガイドロッドにラバーが装着されている事をご確認下さい。
MRLPDLR_KUMITATE_06

MRLPDLR_KUMITATE_07


3,ウェイトスタック、フットプレートの組み立て
MRLPDLR_KUMITATE_22


1,ガイドロッド上部からウェイトスタック用のウェイトを1枚ずつ装着していきます。
ウェイト装着前にガイドロットにオイルやグリスを塗布しておくと、装着しやすくなります。
MRLPDLR_KUMITATE_08


2,フットプレートを装着します。
MRLPDLR_KUMITATE_09


4,上部ユニットの組み立て
MRLPDLR_KUMITATE_23


1,110cmトップクロスメンバー(もしくはロゴプレートクロスメンバー)の中央の穴にプラスチック製スリーブを差し込み、金属ステーを取り付けます。
MRLPDLR_KUMITATE_10

MRLPDLR_KUMITATE_11


2,上部ユニットを乗せてボルト固定します。MRLPDLR_KUMITATE_12

MRLPDLR_KUMITATE_13


3,ガイドロッドを上部ユニットに固定します。
MRLPDLR_KUMITATE_14

MRLPDLR_KUMITATE_15

MRLPDLR_KUMITATE_16


5,ケーブルの取り付け
MRLPDLR_KUMITATE_25


1,ケーブルを上(ラットプル側)・下(ローロウ側)の順番で取り付けます。
短いケーブルが上用、長いケーブルが下用です。
ケーブルはまずボルトの付いた側を接続し、ハンドル側まで通したらカラビナをネジで固定して下さい。
上側のケーブルを装着する際は、写真のように一人がケーブルを支えていると作業がしやすいです。
MRLPDLR_KUMITATE_17


上(ラットプル側)のケーブルを取り付ける際、ケーブルは下図の位置に通します。
MRLPDLR_KUMITATE_31


下(ローロウ側)のケーブルを取り付ける際、ケーブルは下図の位置に通します。脱落防止ピンの外側にケーブルを通さないようご注意下さい。
MRLPDLR_KUMITATE_28


2,ケーブルの長さはボルトで調整できます、適度にたるみのない長さに調整し、調整が完了したらナットを締めて固定します。
MRLPDLR_KUMITATE_18


6,レッグローラーを接続し完成
MRLPDLR_KUMITATE_20


最後にレッグローラーを接続し完成です。ケーブルアタッチメントは別売りの為、別途お買い求め下さい。
MRLPDLR_KUMITATE_19


  • 2022.04.05
  • 12:06

NISHIMURA様レビュー

西村様レビュー


中澤さんのプログラムを8週間受講させて頂きました。

まずは最初にミィーティングをして下さったのですが自分の今の弱い部分や課題が明確になり、目標を定めて下さったのが凄くよかったです。
取り組むにあたって一段とやる気がでました!

次に実際のプログラムですが丁度良い疲労感でこなせますし、ミーティングでおしした部分がかなりメニューに反映されていて驚いたと共に嬉しかったです。

コーチはレスポンスも早くすぐに疑問に思った点をやりとりの中で解決して頂けて非常に心強かったです。
それにただ考えを提示するだけではなく、選手の意見をしっかり尊重してくれるので気軽に相談出来ました。

いつも自分でメニューを決めてトレーニングをしていた私はやる気が続かなくなることが多かったのですが、メニューが決まっていることでモチベーションを維持したままプログラムを無事に完遂させることが出来ましたし、なにより8週間が楽しくあっという間でした!!

またいつか受講したいです。

返品・交換について

返品・交換について

返品・交換をご希望の場合には、下記期限以内に当店まで、メールまたはお電話にてご連絡ください。

ご返送先の住所など、詳しくはご連絡を頂き次第お客さまへお伝えいたします。

【返品について特に特別な記載のない商品の返品期限・条件】

・返品・交換をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店まで、メールまたはお電話にてご連絡ください。それを過ぎますと、返品、交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

・商品の不良といったやむを得ない事由がない限り開封後の返品、交換はお受けできません。

・商品本体、パッケージ、付属品が破損もしくは欠けている商品の返品、交換はお受けできません。

・お客様都合による返品の場合は、発送時送料をご負担いただきます。送料無料表記(送料弊社負担)の商品は発送時送料実費計算の上でのご請求となります。

・発送準備完了後及び発送済み商品のキャンセルは、商品お受け取り後のご返品扱いとなりますので、ご了承ください。

・SLDS(セルデス)社製品の保証と免責事項及び、返品・返金に関するポリシーはSLDS(セルデス)社の規程が適用されます。

・アメリカンバーベル社製品の保証と免責事項及び、返品・返金に関するポリシーはアメリカンバーベルジャパン社の規程が適用されます。

・伊藤鉉鋳工所社製品の保証と免責事項及び、返品・返金に関するポリシーは伊藤鉉鋳工所社の規程が適用されます。

【商品ページに「30日間の返品保証付き」と記載された商品の返品期限・条件】

・返品・交換をご希望の場合には、商品到着後30日以内に当店まで、メールまたはお電話にてご連絡ください。それを過ぎますと、返品、交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

・商品本体、パッケージ、付属品が破損もしくは欠けている商品の返品、交換はお受けできません。

・お客様都合による返品の場合は、発送時送料をご負担いただきます。送料無料表記(送料弊社負担)の商品は発送時送料実費計算の上でのご請求となります。

・発送準備完了後及び発送済み商品のキャンセルは、商品お受け取り後のご返品扱いとなりますので、ご了承ください。

【返品送料】

・お客様都合の返品の場合はお客様のご負担となります。ただし、不良品交換、誤品配送交換は当社負担とさせていただきます。

【不良品】

・万一不良品等がございましたら、返金にて対応か、もしくは当店の在庫状況を確認のうえ、新品または同等品と交換させていただきます。

・商品到着後7日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

・不良品交換時の返送はお客様ご自身にて梱包を行って頂く必要がございます、いかなる場合も当店より再梱包用の外装や梱包資材をお送りする事はできません。

・トレーニングセミナー申し込み及び入金後のキャンセルにつきましてはセミナー申し込みページの説明文に返金金額を記載させていただきます。

・オンラインパーソナルの申し込み及び入金後のキャンセルにつきましては、サービス提供前であれば返金にて対応いたします。サービス提供後の返品は商品の特性上不可となりますが、トレーナーとの合意の上での途中キャンセルといったケースでは状況に応じて返金での対応を行わせて頂きます。

・ダウンロードプログラムの返品と返金は商品の特性上不可となります。

【ご注文のキャンセルについて】

お荷物の出荷手続きが始まっていない場合のみ、当店にてご注文キャンセルをお受けいたします。
お荷物の発送準備完了後のキャンセルについては、承りかねるものとなっております。
この場合はお客様のご都合によるご返品として対応させて頂きます事、予めご了承頂けますようお願い申し上げ

よくある質問

配送について

Q お店まで商品を取りに行く事はできますか?

A 愛知県内の倉庫にて直接器具を引き取っていただく事も可能です。直接のお引き取りはご購入金額20万円以上からとなります、引き取り可能な時間帯は平日の午前9時~午後5時です。

Q 注文した商品は何日くらいで届きますか?

A 当店倉庫にて在庫がある商品につきましては、小型商品・サポーター類は注文日より2-4日前後、重量物・大型商品・フリーウェイト器具は注文日より3-7日前後でのお届けとなります。
沖縄・北海道・離島といった遠隔地は数日余分に日数がかかるケースがございます。

Q 海外発送を行っていますか?

A 海外への発送は行っておりません。


お支払いについて

Q ローンでの購入はできますか?

A 当店でのローン販売は行っておりませんが、クレジットカード決済(VISA、Master、JCB、AMEX、DINERS)の分割払いをご使用いただけます。

ブランド対応支払回数
VISA / MASTERカード1回/2回/3回/5回/6回/10回/12回/15回/18回/20回/24回/リボ払
JCBカード1回/3回/4回/5回/6回/10回/12回/15回/18回/20回/24回/リボ払
AMEXカード1回/3回/5回/6回/10回/12回/15回/18回/20回/24回
Dinersカード1回/リボ払


Q 店舗や法人向けの割引販売はありますか?値引き交渉は可能ですか?

A 当店では法人向け割引、業販価格での販売、オンラインショップに記載のない割引での販売といった事は行っておりません。
オンラインショップの価格が全お客様向けの唯一の価格となります、そのため、メールでのお値引きの交渉といった事についても申し訳ございませんが対応しておりません。
当店は製造メーカーから直接大規模に仕入れたフリーウェイト器具を自社ECサイトにて効率的に販売する事で中間経費を限界まで削減し安価な販売を実現しております。
メールでの割引交渉に応じた場合、「直接交渉すれば割引に応じる」といった情報が広まってしまう恐れがあり、そうなった場合、今後割引での取り引きを望むお客様への対応業務が大幅に増加すると予想され、人件費の増加や収益の悪化により現在の販売価格の維持が難しくなる可能性がございます。
何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。


製品について

Q バーベルのメンテナンスに使うオイルのオススメは?

A ROGUE社は「3-in-ONE多目的オイル」の使用を推奨しており、MBC POWERジムでは「KURE556」や「ダイソー万能オイル」といった多目的オイルを使用しております。
バーベルのメンテナンスに使用するオイルは多目的オイルをご使用頂ければ問題ございません。


Q バーベルのスリーブにオイルを注入しても問題ありませんか?

A 問題ございません。オイルを注入するとグリスが流出を心配される方もいらっしゃいますが、少なくともROGUE社やGYMWAY社のバーベルのスリーブ部分にグリスは使用されておりません。


Q バンパープレートの汚れはどのように清掃すればよいですか?

A 通常の汚れであれば硬く絞った雑巾で拭き取って頂ければ問題ございません。
ウェイトリフターの方のお手入れなどを見てもやはり硬く絞った雑巾での清掃が一般的だと感じます。
ラバー部分の酷い汚れには中性洗剤と柔らかいブラシをご使用下さい。アセトンのような溶剤を使用すると一気に汚れが落ちますが表面を溶かしていますので本当に酷い汚れ以外にはあまりオススメできません。
金属部分はオイルと乾いた雑巾で磨いて頂けると綺麗になりサビ予防にもなります。

IMG_20210126


Q 台湾GYMWAY社製バーベルとアメリカ製バーベルに品質に差はありますか?

A GYMWAY社はアジアでは数少ない競技水準のバーベルを製造するメーカーで、バーベル製造に歴史と高い技術を持っています。
細部の仕上げやミクロン単位での精度といった面ではトップメーカーの高級バーベルに及ばない部分もありますが、仕様やスペック、使用感といった点では北米の有名メーカーの製品と同水準にあります。
アメリカの老舗中の老舗バーベルメーカーIVANKO社は公式FacebookでGYMWAY社のバーベルについて「90-95%のアメリカ製バーベルより優れている」と評しています。(Ivanko Barbell Company Facebookページ 2014年5月1日の投稿)


Q GYMWAY社製バーベルのスリーブの回転にわずかな引っ掛かりがありました。

A GYMWAY社のバーベルのスリーブ内部には「C」の形をしたスリーブを固定する内部パーツがございます。
スリーブ全体にオイルが浸透していない新品時や、内部のオイルが切れた際、潤滑不良でこの内部パーツがスリーブと一緒に回転しわずかな引っ掛かりになるケースがございます。
実用上大きな問題はありませんが、気になる場合はスリーブを傾けて潤滑油を注入し手で回してやって下さい、C型のパーツまでオイルが浸透すれば滑らかに回転するようになります。
(新品であれば暫くご使用いただきオイルが浸透すれば回転は自然と良好になります。)


Q 引張強度が高いバーベルほど耐久性が高いのですか?

A バーベルの耐久性はBIG3のようなスローリフトでの使用と、クリーンやスナッチのようなクイックリフトでの使用で見るべき点は変わってきます。
引張強度はバーベル強度のもっとも一般的な指針として世界的に使用されています、その為、バーベルメーカーは引張強度のカタログスペックを競争し、更にどのメーカーも同じように「他社のカタログスペックは誇張されている」と主張しています。
確かに引張強度が静的応力に対する耐久性の目安としては有用と考えられます、引張強度の低いバーベルはスローリフトでの高重量使用に耐えられず曲がる可能性があります。
しかし、引張強度は190,000PSIを超えればスローリフトによる応力で曲がりが問題になる可能性はほぼ無くなると言われています。
加えて誤解してはならないのは、「引張強度の高さ=耐久性」という単純な図式にはならないという点です。
バーベルの破損は静的応力で起こるものと動的応力で起こるものがあり、動的応力に対する耐久性には表面処理・スリーブ長・シャフト直径といった要素が特に大きな影響を及ぼします。

静的応力に対する耐久性について、BIG3やパワーリフティング練習のようなスローリフトでの使用であれば190,000PSI以上のものを選んでおけば基本的に問題はありません、190,000PSIを超える競技用のバーベルが曲がった話を聞くと大体原因は「プレートを付けた状態での放置」や「セーフティへの落下」といった誤った使用です。
190,000PSI以上の引張強度を持つバーベルは正しい使用方法さえ守って頂ければ、パワーリフティングジムやホームジムで使用する限り半永久的に使用できます。

動的応力に対する耐久性について、クロスフィットジムのような環境で一日数百回もドロップされるバーベルは、繰り返しかかる動的応力によりシャフトの特定部位が疲労し寿命が極端に縮まります。
この時、直径の太いシャフトは細いシャフトより耐久性が高くなり、スリーブの短いシャフトはスリーブの長いシャフトよりドロップ時の動的応力が低減します。
そしてクロムメッキは鋼鉄の疲労強度に悪影響を与えることが材料科学や航空科学の分野の研究で明らかになっています。
一日に数百回もドロップする過酷な環境でバーベルを使用する場合、まずはシャフト部分がクロムメッキの製品を避けた方がよいでしょう。その上で190,000PSI以上、更に競技用バーベルの製造や競技者向けジムでの使用実績のあるメーカーの製品を選ぶのが確実です。


Q GYMWAYトレーニングバンパープレートとVILLAINバンパープレートは同じ価格ですが、どのような違いがありますか?どちらがおすすめですか?

A GYMWAYトレーニングバンパープレートとVILLAINバンパープレートにはそれぞれ下記のような特徴があります。

GYMWAYトレーニングバンパープレートVILLAINバンパープレート
製品画像GYMWAY10.VCBP03
形状薄型タイプ標準的な厚み
カラーマットブラックコンペティションとサイドライン
重量誤差±50g以内±15g以内
ドロップテスト回数5,000回65,000回
ラバー部分の素材ヴァージンラバーと合成ラバーの混合ピュア・バージンラバー
生産国台湾中国

VILLAINバンパープレートは重量精度・落下試験回数・ピュアバージンラバー使用といった面で優れております。
ウェイトリフティングジムやクロスフィットジムといった日常的にドロップする環境でのご使用に特におすすめです。

GYMWAYトレーニングバンパープレートの利点はその薄さからくる高重量BIG3での使いやすさと持ちやすさです。特にウェイトリフティング種目を行わないジムでのご使用の場合、落下試験での耐久性の優劣といった部分は殆ど問題にはならず、薄型形状の使いやすさが大きなメリットとなります。


Q GYMWAY社バーベルのスリーブエンドのステッカーが剥がれました、交換してもらえますか?

A はい、メールにてご連絡いただけましたら交換用のステッカーをお送りさせて頂きます。

Q GYMWAY社セラコートバーベルのラインナップに無い色を注文する事は可能ですか?

A はい、GYMWAY社のオリンピックシャフトは全種類カラーオーダー可能です。
カラーオーダーは数十種類のセラコートのカラーバリエーションから色をご指定頂いての受注生産となります。
納期4~5ヶ月前後、1色につき20本からご注文を承っております。

Q スリングショット社のエルボースリーブとコンプレッションカフではどちらが肘のサポート力が強いですか?

A エルボースリーブとコンプレッションカフではエルボースリーブの方が肘関節の安定感の向上やプレス動作時のサポート効果は強いと感じます。
コンプレッションカフとコンプレッションカフ2.0はどちらかというと「痛みのある部位の圧迫」が主目的であり、プレス動作時のサポート力は僅かです。
ビギーコンプレッションカフはエルボースリーブとコンプレッションカフの中間的な使用感で、ピンポイントの圧迫力は通常のコンプレッションカフより落ちますが、肘関節の安定感の向上やプレス動作時のサポート効果はエルボースリーブに近くなります。



イベント/スポンサーについて

Q イベントに機材の貸し出しを行っていますか

A MBCPOWERではイベント・競技大会への器具の貸し出しを行っております。詳細はshopmaster@mbcpower.jpまでお問い合わせ下さい。

Q イベントや選手へのスポンサーシップを提供していますか?

A MBCPOWERではイベントや選手へのスポンサーシップを提供しています。詳細はshopmaster@mbcpower.jpまでお問い合わせ下さい。


その他の質問

MBC POWERのSNSにホームジムの写真を掲載するにはどうすればいいですか?

A 大歓迎です!メールアドレスshopmaster@mbcpower.jpまで写真をお送り下さい!

※当店でご購入頂きました器具がメインの写真である必要がございます。


Q MBC POWERのSNSで商業ジムを紹介できますか?

A こちらも大歓迎です!商業ジムの場合はよろしければ場所等の紹介も合わせて行わせて頂きます。メールアドレスshopmaster@mbcpower.jpまで写真をお送り下さい。

※当店でご購入頂きました器具がメインの写真である必要がございます。



  • 2021.04.23
  • 19:10

Pick Up

MBC POWER ジム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送、メール対応業務休み

営業時間は月曜~土曜の11:00~18:00です。

土曜日・祝日は発送及びメール対応業務をお休みしております

オンラインショップからのご注文は毎日24時間受け付けております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

℡0562-57-0489

ページトップへ